No. 40 ソーシャルメディアはあなたの大切な時間を奪う!?

No. 40 ソーシャルメディアはあなたの大切な時間を奪う!?

 

ソーシャルメディア、フェイスブックやYouTubeを見ていて、気が付くとあっという間に1時間、2時間費やしてしてしまったという経験はありませんか?その度に「うわっ、こんなに無駄な時間を使ってしまった~!他にやることがあったのに~!!」と思ったりしますね。でも実はこれは彼らの目的通りに私たちが行動した結果なんです。

彼らというのは、GoogleとかFacebookといったインターネットのメディア会社のことです。実は彼らの目的はより多くの人々を、より長く彼らの発信するソーシャルメディアに釘付けにすることなんです!そのためのニュースフィードであり、そのためのオートプレイ(動画が自動で再生される)なのです。

そうより多くの人々がスクリーンに釘付けになることで、そこへ広告を流せばより多くの効果を期待出来、それが彼らの利益にもつながるからです。しかしそれだけではありません。そこへ彼ら、または誰かの都合の良い情報を優先して流すことで人々の考え、意識、思想へも影響を与えることが可能となるのです。実際に政治や経済へ影響力を及ぼしているのは事実でしょう。

スマホを使って情報を受け取ること、ショッピングをすること、そしてコミュニケーションをとることは時代の流れであり、それ自体が悪いこととは言えません。しかしそれにより私たちの大切な時間やお金を失うこと、さらにマインドをコントロールされることは防ぐ必要はあるのでは無いでしょうか?

さらに今は小学生くらいからスマホやタブレットを持っている子供たちも沢山います。彼らがソーシャルメディアやゲームに時間を費やし、人と身近に顔を見て話をすること、また身振り手振りでコミュニケーションをとるという大切な機会が失われている事も多いようです。

ではどうすれば良いのでしょうか?

まず一番大切なのは「私たちはソーシャルメディアに影響を受けている」という事実に気が付くことです。私たちは思っている程強い意志の持ち主ではありません。実はメディアに影響を受け易い存在なのです。だからこそその事実に気が付くことで、受動的ではなく能動的、アクティブに自分の行動や意志をコントロールが可能となるのです。そして改めて時間というものが、私たちにとって最も大切な資源、財産であるということを思い出すことが大切でしょう。

特に子供と、家族と一緒にいる時間というのは本当に貴重です。その時間にスマホのスクリーンを見ていてはもったいないですね。食卓でお互いが顔を見て話しをする時間として有効に使うこと、それを子供が小さい頃から続けていけば、成長してからも人間同士のコミュニケーションが出来る大人になれるのでは、無いでしょうか。

 

・・・続きは音声で♪